読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」/B級クソ映画?とんでもない。ホラーの王道をいく大笑いのコメディ作品 @kun_maa

映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」を観ました。

初公開は2010年、日本での一般公開は2012年のアメリカ・カナダ合作のスプラッタコメディ作品です。

もうタイトルからして、B級臭がプンプンするでしょ?

ちょっと「ハングオーバー」のパクリっぽい邦題だしさ。

ところが、これが予想に反してストーリー展開はしっかりしているし、スプラッタホラー作品としてのポイントも押さえているおもしろい映画なんですよ。

f:id:kun-maa:20140929173009j:plain

タッカーとデイルは幼なじみ同士の田舎者で、まあいわゆる下流層の典型的なアメリカ人。念願の別荘を湖の湖畔に買って初めて遊びにいきます。

でも、たまたま彼らの別荘の近くにキャンプに行くアホ大学生グループと道中で関わりあいになり、彼らに不審者と勘違いされます。

f:id:kun-maa:20140929003252j:plain

地元の保安官にも、ちょっとしたことからゲイと誤解されたりして、彼らの運の悪さと人の良さは観ていて苦笑してしまいます。すでに導入部分から掴みはOKです。

f:id:kun-maa:20140929003335j:plain

夜の湖で念願の船釣りをしていると、裸ではしゃぐバカ大学生と遭遇。足を滑らせて気を失った女子大生のひとりを湖から助け出したところ、バカ大学生たちに彼女を襲って拉致したと勘違いされます。 ここから、本格的に彼らの歯車が狂い始めます。

よかれと思ってやった行動やほんのちょっとしたミスが全て裏目に出て、タッカーもデイルも何もしていないのに、勝手に勘違いしてあっさりと死んでいく大学生たち。

f:id:kun-maa:20140929003505j:plain

そう、本当に死人が出ます。コメディなのにね。

シリアルキラーなんて登場していないにもかかわらず、まったく無意味に、そして命の価値なんて微塵も感じさせずに理不尽に死んでいく大学生たち。

これこそスプラッタホラー映画の王道とも言える展開です。

恐ろしい化け物や謎の殺人鬼なんていなくてもいいんです。

命の無価値化と飛び散る血しぶき。スプラッタホラーの王道とは、普段何よりも大切なもの(なんたってひとりの命は地球よりも重いとされてますからw)とされている「命」を、なんのためらいも感じさせずに無価値化して破壊するというカタルシスにあるのですから。そういう意味では、本当にしっかりと基本を押さえたスプラッタホラー映画だと言えるでしょう。

しかも、それがしっかりとコメディとしても成立しているのは、バカ大学生というお決まりのホラー作品としての「餌」の平凡さを補って余り有る、タッカーとデイルという心底人がよすぎてバカを見るタイプの人間的な魅力にあります。

f:id:kun-maa:20140929003658j:plain

もうね、タッカーもデイルも何が起きているのかさっぱりわからないんですよ。自分たちは溺れかけた女子大生を助けて、その友だちであるバカ大学生たちが来るのを待っているだけなのに、次々と彼らが勝手に死んでいく。

あまりにも不可解すぎます。何が起こっているのか理解しろって言う方が酷です。

観ている方も血しぶきや串刺しに「うわ 〜」ってなりながら、苦笑いするしか無いです。

そして、そんな状況でもタッカーとデイルの軽快なやり取りに笑い、彼らの不運を笑うしか無いんですよ。このあたりの作品としての展開はおもしろいなあって思いました。

f:id:kun-maa:20140929003839j:plain

そして、例の保安官も登場します。しかも2人が死んだ大学生の死体をなんとかしなくてはと運んでいるところという最悪の場面に。これを下半身だけの死体を引きずるタッカーとデイルの側から、低いアングルで撮影しているんですよね。これが会話といい、間の取り方といい、すごくおもしろくてめちゃくちゃ笑ってしまいます。

f:id:kun-maa:20140929003937j:plain

スプラッタホラー作品では、ひとりで現れた警察官や保安官は死亡フラグが立つものですが、この映画でもきっちりそういう基本は押さえてきます。

こういう基本に忠実なところと、それを単にホラーとしてではなく、コメディとして成り立たせてしまうところにこの作品のおもしろさがあるといえるでしょう。

f:id:kun-maa:20140929004033j:plain

そして、ここにきてついに一線を越え、一気に対決ムードととなるタッカーとデイルの2人組と大学生たち。それでも笑いを忘れないで、スプラッタとしてもコメディとしても成立させている監督や出演者の力量はすばらしいと思います。

f:id:kun-maa:20140929004127j:plain

f:id:kun-maa:20140929004215j:plain

反撃に出た大学生に捕まってひどい目に遭わされるタッカー。今までタッカーに頼りっ放しだったデイルがついに立ち上がる時がきます。

f:id:kun-maa:20140929004312j:plain

そうです。この映画、スプラッタホラー&コメディだけではなく、きっちりと青春映画もぶち込んでくるんですよ。なんて盛りだくさん!

釣った魚も殺せないほど善人なデイル。自分に自信が無く、何をやっても取り柄が無く、女性にもモテるわけが無いと自分で決めつけて生きているデイルの成長物語がここから始まるのです。

f:id:kun-maa:20140929004424j:plain

f:id:kun-maa:20140929004505j:plain

ここから先は、実際に作品を観て楽しんで欲しいです。

存在しなかったはずの殺人鬼や、ダメ男のデイルの大活躍と成長、そして驚きの真実、王道のスプラッタ&コメディ&青春映画を楽しむことができるはずです。

なんておもしろい映画なんだ。これだから、タイトルだけで判断できないんですよね。

とりあえず観てみないとわからないですよ。

おもしろい映画とはいえ、スプラッタ作品ですから血しぶき系シーンは当然あるわけで、R15+指定作品です。そういうのが極端に苦手な人はやめておいた方がいいかもしれません。

でも、基本的には誰が観ても笑えて、うわー!ってなって、観終わったあとはスッキリという楽しい作品だと思います。

うん、おもしろいよ!この映画。 

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら [DVD]

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら [DVD]

 
ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春 [DVD]

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春 [DVD]

 

 

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。