読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「インベージョン」(原題:THE DEMENTED)/アホな大学生と疾走系ゾンビ作品 @kun_maa

こんにちは!おもしろいゾンビ映画を求めて三千里 @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20131230111335j:plain

郊外にある金持ち息子の別荘を訪れた大学生の男女6人が、何者かによる突然の生物兵器テロによってゾンビだらけになった街から脱出しようとするっていうストーリー。

舞台はアメリカのルイジアナ州の田舎町。

まだこれからバカンスに行くっていうだけの状態なのに、登場人物のひとりが「何があっても君を守る」とか不必要な台詞を吐いて死亡フラグを立てまくってるし、全員が素人くさい役者で観ている者の気持ちが盛り下がるのを、威勢のいい音楽で無理矢理盛り上げるっていう今後が思いやられる導入部分はB級映画臭がプンプンしてきます。

 

何者かによるミサイルテロが起こるまでは、アホな大学生のじゃれ合いばか騒ぎ映像をお楽しみいただけます。でもサービス的なエロいシーンは無しね。よけい腹立つ?

そして、なんの前触れもなくミサイルによる生物兵器テロが発生。

別荘にはテレビはないので、金持ち息子の親父からの電話でテロの発生を知る大学生たち。なんの情報確認もせずに、ただうろたえて多数決で別荘にとどまることに。

テレビはなくてもカーラジオはあるでしょw 携帯電話はつながらないけど固定電話は使えるみたいだし。全員情弱かよって突っ込みを入れたくなるのを我慢します。

しばらくは何事もなく、なんだか急に人生について語りだす奴がいたり、仲間内の浮気がバレたりとどうでもいいよって展開。

 

異変の始まりは、庭に現れた変な犬から。いきなり大学生たちに襲いかかります。

ゾンビ犬ですな。しかしこれがものすごく弱いんです。バットで簡単に撲殺されちゃう。

おまけに、殺した犬を街にある施設まで届けようとするクソ真面目さに失笑です。

でも、カーラジオから聴こえてきたルイジアナ州非常通報システムで状況の深刻さを知って慌てて別荘に戻るんだよね。施設に届けるって言ってた犬の死骸はどうなった?

 

そして、いきなり別荘のガラスを突き破って襲いかかるゾンビたちになす術もなく逃げ惑い隠れる大学生たち。定石通りというか、金持ちの一番イヤミな奴が最初に死にます。

フットボール選手の大学生の活躍でなんとか別荘から脱出するも、なぜか少女のゾンビを避けようとして車が横転。街の中を走り回って建物に隠れるって状況変わらないじゃん。

 

ストーリーのくだらなさとは裏腹に、ゾンビは一応それなりに作っている印象です。

まあ、顔色を悪くして血糊をつけて挙動不審にすればとりあえずゾンビには見えますよ。

ただ、お食事シーンなどのグロい場面はありません。

そして、むちゃくちゃ走るのが速いです。いわゆる疾走系ゾンビですね。

f:id:kun-maa:20131230111347j:plain

 

感染は噛まれるとゾンビになるというオーソドックスなスタイル。

ただ特徴的なのはこのゾンビたちは音がしないとフリーズして動かないこと。

ちゃんと目は開いてるんですけどね。なんで音がしないと動かないのかはさっぱりわかりません。だからそーっと歩いていれば襲われないの。

f:id:kun-maa:20131230111329j:plain

 

だけどお約束どおり音を立てちゃうんですよ。そうすると全力疾走で追いかけてきます。

最初に「何があっても君を守る」とか言ってた奴が囮になってゾンビを引きつけて逃げていったのはいいんだけど、なぜかそうやって引きつけたゾンビをゾロゾロと引き連れて、またみんなの所に戻ってきちゃいます。ギャグかと思ったらクソ真面目だから何がしたいのか理解不能で困っちゃう。

 

ほかにも、脚を大けがした大学生がちょっと消毒して包帯を巻いただけで全力疾走できたり、大学生のひとりが噛まれたシーンはないのにいきなり怪我してゾンビになったり、偶然救助隊がヘリで助けに来る場所を知ったりと御都合主義満載で突っ込み入れまくりの作品です。ストーリー展開も単調で途中で眠くなります。

TSUTAYAだけでしか見れない」ってわざわざパッケージにこれ見よがしに書いてあるけど、こんな作品TSUTAYAだけでも見ることができるのが信じられないっていうくらいくだらないので、余程暇でしょうがないときか、全力疾走するゾンビが見たいときくらいしかおすすめしません。

ラストシーンも捻ったつもりかもしれませんが、ただただ後味が悪いだけ。

救助ヘリが満席ってwww ホント救いようがありません。

f:id:kun-maa:20131230111342j:plain

 

それでも無理矢理見どころを挙げるとすれば、やはり全力疾走するゾンビの姿くらいでしょう。全力疾走で追いかけてくるゾンビを見て、僕もイザというときに生き残るために運動しなくちゃいけないなって思いました。

めちゃくちゃひどいってわけではないけど、一生観なくても後悔しない作品です。

 

パッケージにTSUTAYAだけって書いてあったのに、 Amazonでは売っているんですね。さすがAmazonですね。でもおすすめはしません。

インベージョン [DVD]

インベージョン [DVD]

 

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。