読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」/コメディでしょってバカにしてたら素晴らしいゾンビ作品だった @kun_maa

こんにちは!いやーゾンビ映画って本当に奥が深いですね @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130904194224j:plain

ゾンビ映画は好きなんですけど、あまりにくだらない作品は嫌いです。

実は、このショーン・オブ・ザ・デッド(SHAUN OF THE DEAD)という作品、存在は知っていたのですが、どうせおちゃらけたくだらないゾンビ映画なんでしょ?って食わず嫌いで観ていませんでした。

でも、たまたま立ち寄ったTSUTAYAで「店員が選ぶ名作コーナー」みたいな場所に置いてあったのを見て、まあくだらないかもしれないけどちょっと観てみるかと。

そしたら、これがすっげーおもしろくて、今までバカにしていてごめんなさいな映画でした。これはゾンビ映画ファンなら観ておいて損はない素晴らしい作品。

2004年のイギリス映画です。

基本的にさりげないコメディ路線です。

家電販売店に勤める冴えない主人公ショーンとその友人でおバカなニートのエドを中心にストーリーは進んでいきます。

f:id:kun-maa:20130904195234j:plain

平凡でくだらない毎日の中で、少しずつ周囲がゾンビに侵されていくのですが、見えそうで見えない、気づきそうで気づかないゾンビの登場のさせ方が非常に上手い作りになっています。

いよいよ、ゾンビの存在に気がついてもまったく危機意識のないショーンとエド。

レコードを投げつけてゾンビに対抗しようとするなど、ホント笑っちゃいます。

 

でも、この作品のすごいところは緊張感のない2人を軸にしながら、状況だけはどんどん緊迫感を増していくこと。

そして、ゾンビの作りや残酷シーンもしっかりと作り込まれていることです。

なんていうか細かいところで手を抜かない真面目に作り込まれたゾンビ映画なのにコメディというおもしろさ。

f:id:kun-maa:20130904195821j:plain

ゾンビの群れの中を逃げるために、ゾンビの演技をして無事に目的のパブにたどり着くところなんかアイデア勝ちです。参った。笑った。

f:id:kun-maa:20130904200344j:plain

そして、ショッピングセンターではなく、行きつけのパブに立て籠るところが、いかにもロンドンらしいパロディとも言えます。

ちゃんと人間のエゴも描かれていて、バカな奴の不用意な行動のおかげで安全な場所が壊滅状態になるというゾンビ作品の王道ともいえる展開。

 

笑いのなかに、恋愛あり、親子愛あり、友情あり、そして正統なゾンビ映画の要素もしっかりと作り込んでいる上に、人間をちゃんと描いているので登場人物に感情移入もできます。

まさか、これほどのゾンビ映画だとは思いもしませんでした。

さらに、ゾンビ映画ではあまり描かれる事のないラストシーンのスタイルも自然体でおもしろい。

そういえば、BBCの人気ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」のワトソン役のマーティン・フリーマンがちょい役で出ていました。

 

コメディ映画としても、ゾンビ映画としてもかなりの完成度で満足する事間違いなし。

これはホントおすすめの映画です。

今までバカにして観ていなくて大失敗でした。


【映画】ショーン・オブ・ザ・デッド (2004) 日本版予告編 - YouTube

ゾンビランド [DVD]

ゾンビランド [DVD]

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly