[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「ペット・セメタリー」/愛するが故の恐ろしき結末 @kun_maa

1989年公開のアメリカ映画。原作はあのスティーブン・キングです。

あなたは愛する人を失った時に、その人を生き返らせたいと思いますか?

この作品はホラー映画に分類されるけど、そりゃそうかもしれないけど、愛する人を失った者がその失った人に執着するあまり起こしてしまう悲劇でもあるんだよね。

f:id:kun-maa:20141226230853j:plain

ストーリーは、ざっくりと書くとこんな感じ。

田舎に引っ越してきた医者の家族。夫婦と幼い姉弟。家の前には太い幹線道路が走っていて毎日何台もの大型トラックが通り過ぎる。ある日、娘が大事にしていたペットの猫がトラックに轢かれて死んでしまう。その死をごまかすために、以前からの住民の老人に教えられたとおりにペット霊園の奥にある先住民族の不思議な儀式の地に猫を埋める。

すると、翌日になって死んだはずの猫が生き返って家に帰ってくる。しかし、それはもう以前の猫とはまったく別の性格をもつ生き物だった。信じられない出来事に半信半疑の主人公だが、ある日最愛の息子をトラック事故で失う。不思議な地を教えてくれた老人は、絶対に人を埋めてはいけないというが、主人公は・・・。

 

幸せそうな家族と、不気味に通り過ぎる何台ものトラックというシーンから、その後の悲劇が簡単に予想されてしまうという最初からいつあの可愛い子供が死ぬんんだろうと観客に思わせてしまう怖い作品です。ドキドキします。

そういう気持ちを知っていることを逆手にとって、わざとスカすシーンもあったりして、殺す気満々だなとか思っている自分をちょっと嫌悪します。

f:id:kun-maa:20141226232159j:plain

そして、紆余曲折を経てついに可愛い坊やはトラックの餌食に。あきらかに主人公である親の責任だと思いますけどね。

f:id:kun-maa:20091104153149j:plain

悲嘆にくれる主人公は、隣人の老人の警告にも耳を貸すことなく、亡くなった息子の墓を掘りおこします。気持ちはわからなくもないけど、やっぱりそれは異常心理ですよ。

日本みたいに火葬の国ならなんの問題も起きなかったんですけどねえ。

f:id:kun-maa:20141226232740j:plain

そして、生き返った我が子は血に飢えた殺人鬼に。こんな小さな子供ごときになんで大の大人が殺されるものか!って思うんだけどそこは頭脳戦ですね。いや、頭脳戦でも大人が負けたら変でしょ。

あの可愛らしい坊やの顔がこんな悪い顔に。やはり、人の命は果てるからこそ美しいのであって、それを無視した存在は醜悪なモノとならざるを得ないのかもしれません。

f:id:kun-maa:20141226233116j:plain

老人に対しても容赦ありません。そりゃそうです。もうこの子は人間の心を持っていないのから。もうほとんど頭脳派ゾンビの世界。

f:id:kun-maa:20141226233352j:plain

自分が起こしたバカな行動のせいで、老人は死に、彼の妻も死んでしまいます。っていうか蘇った息子に殺されます。

そして泣きながら、自分の過ちに気がついた主人公。

犠牲は払ったけどハッピーエンドかなと思ったら、何をしてくれてんだよバーカ!バーカ!って感じの自業自得な物語。

f:id:kun-maa:20141226233726j:plain

人はギタギタに死ぬし、蘇るし、やっぱり間違いなくホラー映画なんですけど、やっぱりこの作品を観ると「愛」について考えさせられます。

心が別のものになってしまっても、自分が愛した人をそばに置いておきたいとうのは、単なる生者の勝手なエゴに過ぎません。

亡くなった愛しい人の心を深く自分の中に刻み込んで、死を受け止めて生きていくのが本当の愛なのではないでしょうか。そこを履き違えた主人公が受ける当然の報い。

せっかく、いい幽霊が正しい道に導くために頑張ってくれたのにね。

f:id:kun-maa:20141226234300j:plain

エゴと愛を履き違えた男の悲劇とでもいいましょうか。それとも究極の自己愛?

この作品、とっても久しぶりに観たけどやっぱりすっげー面白かったです。 

ペット・セメタリー (日本語吹替版)

ペット・セメタリー (日本語吹替版)

  • メアリー・ランバート
  • Horror
  • ¥1500

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly