読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「新選組オブ・ザ・デッド」/ポスターはバナナマン日村メインだけど...なぜこうなった @kun_maa

ゾンビ

初っ端から愚痴をこぼすようで申し訳ないけど久しぶりに観たゾンビ映画がこの作品だったことをかなり後悔。

f:id:kun-maa:20170115205613j:plain

ポスターはまあそこそこおもしろそうですよね。

だって「ゾンビ時代劇」ですよ。マカロニウエスタンとゾンビを組み合わせた作品があるくらいですからゾンビ時代劇があったっていいよね。期待しちゃうよね。

おまけにバナナマンの日村が主役のように見えるし。

だから最初からシビアなゾンビ映画なんて期待はしていませんけど、その分コメディー的な要素を期待するじゃないですか。それがなんなんすかこの作品は......

 

新選組の名を語っても近藤勇土方歳三沖田総司なんて有名どころはもちろん登場しません。唯一ちょっと名前の通っているのが監察方の山崎烝(役名はこの漢字だったけど本物は山﨑丞だよね)だけどこれも漢字を見ればなんちゃっての可能性大。

新選組隊士もほとんど登場せず、京都の町もなんとなく江戸のような雰囲気。

時代劇を謳いながらチャンバラシーンもほぼ皆無。

バナナマン日村演じる「屑山下衆太郎(くずやまげすたろう)」も主人公ではなく、あっという間にゾンビに噛まれてなんだかなあってイマイチすぎる残念な扱い。

f:id:kun-maa:20170115205635j:plain

 

坂本龍馬が登場して新選組の山崎たちと協力したり、謎の武器商人カウフマン商会やら殺し屋の唐人エックスとかわけわかんないのが登場したりして時代考証なんてものはハナから放棄。

こういう作品ってある程度は史実の部分を土台にした上で無茶苦茶をやるからおもしろいんであって、土台からガタガタだと全く笑えません。

 

そもそも時代劇として成立していない時点でお察しだとは思うけど、ゾンビ作品としてもかなりがっかりな作品。

噛まれるとゾンビになるという点だけは基本的ですが、最初の感染者であるジョージだけは死体を超えた緑色で宇宙人みたいになってるし、感染しても人によっては最後まで意思が残っていて会話も成立するという不思議さ(もちろん理由は明かされない)。

ゾンビたちは脳を破壊しなくても首さえ切れば死ぬらしいという妙なサムライ仕様。

うすのろ系のゾンビは大量に現れないと恐怖感もおもしろ味もないのにあまりにもお粗末な発生量と戦闘シーン。かなりの低予算なのでしょうか。

もちろんスプラッタなお食事シーンなんてものは、最初の方で脚を普通にむしゃむしゃ食ってるところがある程度でほぼ皆無。ゾンビのメイクもかなり低予算。

その割には日村のメイクだけはなんだか凝っててアンバランスなんだよね。

f:id:kun-maa:20170115205722j:plain

 

なんかずっと貶してきたけど、これAmazonプライムで無料で観たからこの程度で済ませているけどお金払って映画館で観たらもっとボロクソ書いてると思う。

海外のゾンビ映画にもクソ(言葉が悪いですね)みたいな作品は多いけどそれでも屈折したゾンビ愛みたいなものを感じることがあります。でもこの作品には時代劇愛もゾンビ愛も感じなかった。

時代劇でもゾンビ映画でもコメディでもない......どうしてこうなった?と思わされる作品なので、滅多にお目にかかれないという意味では一見の価値ありとも言えますが、それはつまり死ぬまで観なかったとしてもなんの後悔もしない作品でもあるということでもあります。

ここまで貶すばかりであらすじにすら触れてこなかったので参考までに作品の公式サイトに掲載されている「ストーリー」を引用しておきます。

ある夜、新選組の名を盾に、放蕩の限りを尽くすお荷物隊士“屑山下衆太郎”は、ばったり出くわしたゾンビに噛まれてしまう。

新選組監察方の“山崎烝”らが駆けつけ、棒術の達人である一番組見習い“火藤純”の活躍もありゾンビを捕縛。屑山も救出され一命はとり留めたものの、脈も心臓の鼓動もない死人の状態だった。

一方、輸送中のゾンビに逃げられた武器商人カウフマン商会は、新選組に捕縛されたゾンビを取り戻すために、腕利きの殺し屋“唐人エックス”を差し向ける。

徐々にゾンビへと変貌をしていく屑山下衆太郎、迫りくる唐人エックス、時を同じくして、京の町にもゾンビ感染が蔓延し、脅威となりつつあった...。

はたして、生き残るのはゾンビか?新選組か?

映画史上ありえなかった夢のバトルロワイアルが始まる...!

 (公式サイトから引用)

嘘こけっ!なんかおもしろそうじゃないか。よくもまあこんな「ストーリー」をシレッと書けるものです......やれやれ。

そういえば、この作品のナレーションは俳優の目黒祐樹さんが担当しているし、主題歌はサンボマスターが担当しているんだよね。

やっぱりなんかバランス感覚がおかしい気がします。 

新選組オブ・ザ・デッド
 

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly