読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[พ]Another ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

映画(ちょいエロ・ゾンビ・ホラーなど)の感想や「おっぱい愛」など、内容が異なるもうひとつの[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

[พ]映画「ゾンビ・ハイスクール」/笑えるB級おバカ学園ゾンビ作品 @kun_maa

久しぶりにゾンビ映画を観ました。

最近更新してないねって好きな人に言われたからゾンビ映画が観たくなったというね。この作品自体とてもおバカな作品なんですけど自分も似たようなもんです。

ゾンビ・ハイスクール LBX-147 [DVD]

ジャケットを見れば一目瞭然、これが怖いわけないよね。

いかにもアメリカの高校って雰囲気を強調した感じの高校(まあ本当にアメリカの高校が舞台なんだけども)で、突然発生したゾンビ。もちろん理由なんてないのさ。

補習授業で同じ教室にいた6人の高校生が主人公たち。ってかゾンビ以外ほぼ彼らだけが出演者です。

もちろん舞台は学校の中だけといういかにもB級って感じがとてもいいです。

 

その6人の構成もなかなかバランスが取れていておもしろいんだな。

①いじめられっ子だけど勉強はできるヲタクのエディ。

チアリーダーで人気者。エディの憧れの女の子ジャネット。

③ジャネットの彼氏でいじめっ子、卒業後は軍隊に行くことが決まっているブラッド。

④ごっつい体のアメフト野郎でブラッドの友人のジミー。

⑤ほぼジャンキーでラリパッパなアッシュ。

ゴスロリゾンビ映画好き、密かにエディに想いを寄せてる女の子ウィロー

こいつらです。なかなかいい感じでしょ。

f:id:kun-maa:20170514162058j:plain

ゾンビ映画のお約束や学園モノの笑いをそれなりに取り入れてドタバタ劇はとても楽しく進んでいきます。飽きさせませんね。

ゾンビの作りも悪くないですし、奴らのお食事シーンもそれなりにスプラッタです。

 

そして何よりゾンビ映画そのものに対するリスペクト感が強くて、ある意味ゾンビ映画愛にあふれていると言ってもいいかもしれません。

エディにこんなセリフを言わせたりもしています。

マリファナを吸うと死ぬ。ゾンビ映画だと吸った人は死んでいる。酒を飲んだ人やセックスした人も。つまり楽しんだ人は基本死ぬってこと。僕は童貞でよかった! 

ゾンビ映画のお約束ですな。

この作品の中でも「あ、こいつ次に死ぬな」って思ったやつから死んでいきます。期待を裏切らないいい作品です。

そして全く怖くない。

エロいシーンもほぼほぼないのでお子さんと一緒にも楽しめる。そんなほのぼのとしたゾンビ映画です。それは言い過ぎ。

 

完全におバカ丸出しの学園ゾンビ作品で笑えること必至なのですが、しっかりとゾンビの本質を突くセリフもあったりしてバカにしながら観ていたらドキッとしました。

それはゴスロリウィローのセリフ。ゾンビの無個性と生きていても自分の意見を持たない者に視点をあてたいいセリフだと僕は思うんだけどなあ。

みんな最初から愚かなゾンビよ。仲間に合わせようと必死で、浮く原因になるものを必死に隠す。でも皆が用意された方にはまるわけじゃない。(中略)死ぬほど彼女寝たい?愛しているからでも好きだからでもない。「彼女を追いかけるべき」と皆が言うから。 

そして最後に生き残るのは誰か。まあ観なくても皆さん想像はつくと思うけど。

ひたすらおバカゾンビ映画に徹したいい作品だと思います。ぜひご覧あれ。

 

そうそう、エンディングで使われている曲がとてもいいです。

なんてったってタイトルが「George Romero」ですよ。

歌っているのは「Sprites」ってバンドみたいです。ゾンビ映画をリスペクトしたいい歌なんでこの作品にぴったりだし、単独でも素晴らしい。

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly